2005年08月

2005年08月23日

横浜だけ大雨

今日は雨でしたよね。

なぜか横浜だけ大雨だったようです。横浜駅では北と南で2本、東西に走っている大きな通路があるのですが、冠水しちゃってました。特に北は雨漏りがすごくて通行が規制されているくらいでした。

以 上
keitasakurai at 23:44|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)日記 

Warm Biz

Cool Bizの反対はWarm Bizだそうです。

いやホントだって…

要は「寒いから暖かい格好をしろ」つーことですな。まあ当たり前のことであるんですけどね。

ところで冬季暖房の温度設定は20℃が奨励されるそうです。夏の28℃と8℃も違います。快適な温度っていったい何なのですかね。

しかしね、夏場28℃っていうのがおかしい。25℃超えたら夏日で暑いと言われるのに。
keitasakurai at 00:01|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)日記 

2005年08月22日

マジで社長業と両立可能なの!?

今日の朝の特種という番組で、堀江貴文ライブドア社長が出てたんスけどね。

「権力闘争は好きくないといったのに権力に身を投げるとは、矛盾していないか」という質問を食らったわけですよ。まあ細かい揚げ足取りに聞こえなくもないけど。

そしたら堀江サン、マジギレなわけです。「そんなくだらない質問には答えません」ですと。

とりあえず感想としては「怒り過ぎ」。

何でそんなに怒ってるのか、少なくとも朝のワイドショータイムに覚醒してるの4日ぶりの僕には分からなかったです。ホントなんで怒ってるんだろ。

っていうかまともに理路整然と言い返してみればいいのに…と思いました。

それだけの感想です。


keitasakurai at 22:54|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)趣味 

2005年08月21日

ディベセクの1年生を囲む飲み会

今日はディベセクの新入生対象セミナーがあって、それから飲み会でした。ディベセクとしての1年生が集まったところに行くのは初めてですね。

みんな優秀そうで安心しましたよ。伊藤君いわく、「若干ノリがディスセクっぽい。去年よりノリが軽いなあ。同時にすごくまじめっぽい。NAFAサイトや本を見てディベートや論題についてすでに学んでいて、すげえって思いました。」

僕は4年生なのでさすがにUT Exchangeくらいしか一年生には関わらず、それで顔も名前も覚えていたわけではないので、どんな一年生なんだろうと思っていました。でも優秀そうで何よりです。

今年はキャッチがNAFAT2連覇、来年は岡本くんがNAFAT3連覇します。その翌年に4連覇を受け継ぐ人材としては申し分ないようですな。

2005年08月19日

乾坤一擲の精神で

モバイルで受信しているメルマガに「起業家精神/経営理念用語」というのがあります。福島正伸さんが一日に一言名言を送ってくるものです。

今日は「最後の最後に一勝すれば良い」でした。引退試合のNAFAT*を勝った僕にピンポイントで送ってきてるのかと思いました。

いや、それだけ。

*上智新聞2005よりquote。
昨年12月3日、4日の二日間にわたり日本英語討論連盟(NAFA)主催の英語のディベート大会「NAFA Tournament」の決勝トーナメントが奈良女子大学で行われた。同大会は、英語のディベート大会の中では最も大きな大会の一つ。本学の上智大学英語研究会(以下、E.S.S)から出場した桜井啓太君(文心3)と石毛政也君(外英2)のペアが優勝した。
ディベートは、二人1チームで肯定側と否定側に分かれ行われる。肯定側、否定側、否定側、肯定側の順で討論していき、審判が判定して勝敗が決まる。
桜井君と石毛君は、関東地区予選を4勝2敗で5位通過。予選全勝を目標にしていた二人にとって5位通過は予想外の結果だったが、その後の決勝トーナメントを勝ち進んだ。準決勝では東京大学のE.S.Sと対戦し、3−2で勝利。桜井君は「地区予選で負けた相手で、負けを覚悟していた」と話す。決勝では慶応義塾大学E.S.S.と対戦。「東京大学戦の勝利で余裕を持って戦えた」と話すように、判定で6−1の大差で勝利した。
同大会のディベート議題は「日本政府は、すべての男性の正規労働者に、その子供のために育児休暇を取得することを義務づけるべきである」というもの。これは昨年7月から1月の間に行われる全大会共通の議題である。今大会通して、桜井君と石毛君は議題の「全て」という点に注目し、医者の例を挙げて、医者は休むべきではないと主張した。桜井くんは「医者の例は、そのデメリットを示すのに都合が良かった」と話した。
また、桜井君にとってはこの大会が引退試合となった。桜井くんは「優勝できてほっとしている。今年は期待されていたがこれまでの大会では惜しいところで勝てず、最後は優勝して終わりたいと思っていた。それがいいプレッシャーになった」と話した。
keitasakurai at 22:53|この記事のURLComments(5)TrackBack(0)日記 
プロフィール
けーた
現在都内の大学で心理学科4年。心理学よりも英語ディベートに打ち込み、全国制覇経験あり(2004NAFAT)。
来春からはインターネット広告代理店で働く予定です。あ、卒業できればの話。


絶 対 に
負 け ら れ な い 戦 い が
そ こ に は あ る
ブ ロ グ ラ ン キ ン グ
コメント
ブログリンク
Skype Me