2005年05月30日

そろそろUT Exchange

UT Exchangeの呼びかけを行う季節になりました。
 
これは毎年UTとSophiaの新入生がディベート対決をする企画です。SophiaのESSでは、前期に新入生がスピーチ、ディスカッション、ドラマ、ディベートをそれぞれ体験します。UT Exchangeはその第4弾なわけです。
 
それで論題をどうするかが問題となりますが、僕が1年の頃まではその時々の論題を使っていました。僕は国籍をやりましたね。で2年前からは原子力発電所廃止に変わりました。
 
ですが、新入生によりよくディベートを知ってもらおうと思うのであれば論題をクローンのときのにしたらいいのではないでしょうか。と思いついて走り書きしたものを、アドバンテージ形式でお送りします。
 
現状: 原子力発電所rez
solvencyが"eliminate causality"である
→sonvencyだけないのはアンバランス。eliminate=solveではない。
disadがjobless
→もっともらしくない。ディベートの悪い部分
impactが同質ででっかいものどうし
→真の意味で違いを突き詰めるコンパリが難しく、意味がない
 
重要性: フレッシュマンに有意義なディベートを。
フレッシュマンにディベートの本質、面白さを分かってもらえない
 
解決性: クローンrez
advantageを出すのにある程度のステップが必要
→本当のsolvency(planのエフェクトとしての)に触れてもらえる
臓器移植VS人権disadでqualityの違うコンパリ
→フレッシュマンが自分の頭で考えて2つの物事を比較できる
 
まとめると
ディベートの本質や面白さを体験してもらうにはクローンのほうが効果的

keitasakurai at 23:41│Comments(3)TrackBack(0)ディベート 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ゆかり   2005年05月31日 14:21
昨日は、勧誘の用紙作っていただいてありがとうございます☆
ほんと、助かりました。
おかげで、今日は18枚配ることができました。
あたしも、クローンはいい論題だと思います。
原発は、なんていうかちょっとものたりないですよね。
上南戦から、お世話になりっぱなしですみません。
2. Posted by けーた   2005年05月31日 15:22
あー、配れたか。
俺もランチ行こうと思ったけど力尽きたよ…
3. Posted by イ   2005年06月02日 01:18
ぼくもクローンはいい論題だと思います。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
けーた
現在都内の大学で心理学科4年。心理学よりも英語ディベートに打ち込み、全国制覇経験あり(2004NAFAT)。
来春からはインターネット広告代理店で働く予定です。あ、卒業できればの話。


絶 対 に
負 け ら れ な い 戦 い が
そ こ に は あ る
ブ ロ グ ラ ン キ ン グ
コメント
ブログリンク
Skype Me