2005年06月29日

資格取得の必要性

インターネット広告やるんだし、資格とかはいらねえよなあ
なんて思っていましたが、実はあるらしいのです。
 
内定先の社員さんのメール署名を見たら書いてありました。
「Google Advertising Professional (GAP)」
 
内容としてはGoogleが認定しているもので、業務内容などに制限をつけるものではないようです。要は臨床心理士みたいなもので、司法試験とか医師免許みたいに「持ってないと仕事できませんよ」というわけではない。
 
何か資格を得るには試験以外の条件が必要みたいなので学生のうちに取れちゃうとかそういうことはないと思うんですが、勉強だけはコツコツやってみようかな、みたいな。
 
ただオンラインレッスンが英語なのが玉にキズ。リスニング能力がない僕にとっては少々手厳しいものがありますが、テキスト形式でもレッスンがあるので、何とかクリア可能っぽいです。
 
取得の難易度はどれくらいなんでしょうかね。今度社員さんに聞いてみよう。
 
まあ持っているほうがビジネスの信頼性が増すのでもちろん取ったほうがいいでしょう。で、どんなメリットがあるのかを調べてみると、重要性のひとつとしてこう書いてありました。
 
>努力して成し遂げた達成感が得られる。
 
そんなのあり!?
 
Learning CenterのLessons Catalog

keitasakurai at 08:02│Comments(0)TrackBack(0)仕事 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
けーた
現在都内の大学で心理学科4年。心理学よりも英語ディベートに打ち込み、全国制覇経験あり(2004NAFAT)。
来春からはインターネット広告代理店で働く予定です。あ、卒業できればの話。


絶 対 に
負 け ら れ な い 戦 い が
そ こ に は あ る
ブ ロ グ ラ ン キ ン グ
コメント
ブログリンク
Skype Me