2005年07月22日

インターネット広告革命

右のほうに表示されている「インターネット広告革命」という本ですが、実は今まで読んだことなかったのです。で、今回読みました。

著者はDACの副社長、横山隆治氏。ちなみにDACのホームページにもインターネット広告概論といった感じのページがあり、そちらも横山副社長が書かれています。

この本でもっとも驚いたというか、新鮮だったのは、インターネット広告でブランディングが効果的だとしているところです。

もちろん可能は可能でしょうが、今までの僕の考え方で言えば、ネット広告はブランディングよりターゲティングで効果を発揮すると思っていました。例えばテレビCMのように、ある程度の時間強制的に視聴者に映像と音を届けられるというのは、やはり強烈な印象を視聴者に対して与えます。インターネットで同様の効果を得ようと思うのは少々難しいのではないかということです。

対してネット広告が得意なのはターゲティング。これはユーザからのレスポンスを期待できる双方向性というのが大きいです。ユーザの属性に従って適切な広告を送信できます。

こういった特性の違いを考慮すれば、ネット広告でブランディングというのはあまり期待するべきじゃないだろうと思っていました。

横山副社長がブランディングを可能とする理由は、(1)ネットの視聴質の高さ、(2)インタラクティブ(双方向性)です。その前に、前提としてネット広告表現革命というがあります。

近年ネットで情報を配信する技術というのが発達していて、映像配信や特殊バナーなどのリッチメディアを使えばありとあらゆる表現が可能となっています。

つまり、テレビCMをサイト画面の端っこに流したり、またユーザの注意をいやでもひきつけることができるのです。これが将来のネット広告業界成長には欠かせないと僕は思います。

(1)の視聴質の高さというのは、ユーザはネットを集中して利用するということです。テレビや音楽をかけながらだとしても、どちらかといえばPCの画面に注意が向いていることが多いのです。そこで表現が多彩な広告を掲載することで、ユーザの受けるインパクトは大きなものになるのです。

(2)のインタラクティブによってできることは、上記のように配信された広告をユーザがみたいようにみれるということなのです。例えばCMなら、クリックというアクションを受けることによって画面の角度や場面を変えることができるそうです。

したがって、従来はただ垂れ流されていただけのCMに対し、ユーザが関わることが可能となるのです。これにより認知度やインパクトが上昇するとのことです。

この本ではもちろんネット広告のほかのトピックについても書かれているし、また上で僕がまとめたことももうちょっと違う形で書かれていたようなきがしますw

売れているだけあって読み応えのある本でした。この本は価値があると思うので、また時間があったら読み直してブログで考えます。
keitasakurai at 11:47│Comments(0)TrackBack(0)読書 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
けーた
現在都内の大学で心理学科4年。心理学よりも英語ディベートに打ち込み、全国制覇経験あり(2004NAFAT)。
来春からはインターネット広告代理店で働く予定です。あ、卒業できればの話。


絶 対 に
負 け ら れ な い 戦 い が
そ こ に は あ る
ブ ロ グ ラ ン キ ン グ
コメント
ブログリンク
Skype Me