ディベート

2005年09月09日

KAEDEキャンプ

そういやKAEDEキャンプなんていうものに参加したな…

一言でいおう。眠かった。

ただ僕は寝ながらフローが取れる(しかも後で読み返せる)という特技を持っているので、何とかなりました。それでも途中で限界が近づいたのですが、ブラック缶コーヒーを一気飲みして何とか回避。ちなみにこの眠気解消法、大学受験時にあみだしたものです。

モデルディベートは、ディベートの実践が約9ヶ月ぶりというだけあって噛みまくり詰まりまくり。何とか最後はコンパリでまとめましたが、僕の全盛期の2NRはあんなもんじゃなかったですよ!

で、1試合やってみてわかったのは、Negがnet benefitで勝つにはqualityで競り勝つしかないなあということ。今回は津守さんがqualityのコンパリに乗っかってきてくれましたが、コンパリの前提を叩く意味でquantity、特に2NCのカードアタックを1ARの瀧本さんに返されていたら惨敗試合だったと思います。

2NCでuniqueness generating counterplanを暇つぶしに出したら、明治の五十嵐君などがまねしていたようです。今年はuniqueness generating counterplanが流行る予感ですな。
keitasakurai at 01:52|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

opportunity cost=チャンスロス

このあいだNAFAセミナーでcounterplanについて喋ったりしたと、このブログで書きました

んで最近「さおだけやはなぜ潰れないか」という本を読みました。

この本のエピソード4(つまり第四章)でチャンスロスという話が書かれているのですが、opportunity costという概念がまだ良く分からないという人は、是非この部分を読んでみてください。より分かりやすく、日常のエピソードを交えた形で紹介されてます。

この本で言うチャンスロスという概念が、まさしくopportunity costのことです。
keitasakurai at 01:22|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年09月08日

e-NAFA

全国英語討論協会(NAFA)はディベートのマネジメントを行う団体であります。

このNAFAのサイト・e-NAFAに行くため、Googleにて「ディベート」で検索してみてください。

たぶん見つけられないと思います。(頑張れば分かりませんが)

今度はYahoo! Japanにて同様に「ディベート」で検索してみてください。ただしYahoo! Searchで。

おそらく5ページ目、46位あたりに登場すると考えられます。(9/8現在)

同じ単語で検索しているのにこれほどまで順位が違うんですね。どうやらe-NAFAはGoogleには嫌われているみたいなんです。

Googleにe-NAFAが登場しない*理由は、たぶんe-NAFAサイトがフレームを使用しているからではないでしょうか。

一方でYahoo!では健闘していますが、Yahoo!のクローラーはフレームの有無に関わらずサイトを読み込めるんでしょうね。各検索エンジンの違いがe-NAFAから垣間見れるというわけでした。

サイト作成者の方(UTのS氏だっけ?)、フレームをやめてみてはいかがですか?

*500位までに登場しないという意味です。もしかしたら501位かもしれません。そこまでに登場しないなら、実質的に「登場しない」と言い切ってかまわないはずです。
keitasakurai at 17:46|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年08月21日

ディベセクの1年生を囲む飲み会

今日はディベセクの新入生対象セミナーがあって、それから飲み会でした。ディベセクとしての1年生が集まったところに行くのは初めてですね。

みんな優秀そうで安心しましたよ。伊藤君いわく、「若干ノリがディスセクっぽい。去年よりノリが軽いなあ。同時にすごくまじめっぽい。NAFAサイトや本を見てディベートや論題についてすでに学んでいて、すげえって思いました。」

僕は4年生なのでさすがにUT Exchangeくらいしか一年生には関わらず、それで顔も名前も覚えていたわけではないので、どんな一年生なんだろうと思っていました。でも優秀そうで何よりです。

今年はキャッチがNAFAT2連覇、来年は岡本くんがNAFAT3連覇します。その翌年に4連覇を受け継ぐ人材としては申し分ないようですな。
keitasakurai at 00:35|この記事のURLComments(8)TrackBack(0)

2005年08月14日

NAFAセミナー夏

今日はNAFAセミナーの講師として、武蔵大学まで行ってcounterplanについて喋ってきました。

ここで補足をしておくと、おそらく受講者の方々にとって難しかったと思うのは以下の点です。

■Fiatについて

本当はcounterplanのfiatについてもう少し喋りたかったんですが、ほとんどの人はfiatそのものを知らなかったため少し詰め込みすぎてしまったかもしれません。

Fiatについてもう一度語っておくと、「Affのプランを採ると仮定すること」です。

ディベートにおいて論題はshouldという単語を含んでおり、これは「すべき」と解釈できます。つまり、ディベートとは「あるactionを行うべきかどうか」を議論する場であります。

「あるactionを行うべきかどうか」を議論する際、「そのactionが行われるかどうか」は関係ありません。実際にactionが行われないとしても、そのactionが行われるべきであれば、論題は肯定されます。逆もまた然りです。

つまり、shouldとwouldを混同してはいけないのです。

この場合、actionが行われると仮定して議論を進めること、またはその概念を、fiatと呼びます。

今日、重点的に話したかったのは、counterplanにこのfiatを与えるべきかどうかなのです。ここからは講義のとおりです。

■Opportunity cost (機会費用)

これは今日僕が言いかけてやめたものです。

機会費用とは経済か何かの用語で、「ある機会を失うことのコスト」と言い換えられます。

Competitivenessのあるcounterplanを採るということは、Affirmative planを採らないということです。また逆に、Affirmative planを採れば、counterplanは採れなくなります。これが機会費用です。

Affirmative planを採ったら、それよりも優れているcounterplanが採れなくなる。つまり、せっかく採れたはずのcounterplanが採れなくなるというdisadvantageをAffirmative planが生じさせると考えます。よって、opportunity costという考え方によれば、counterplanはdisadvantageなのです。

Disadvantageなのだからuniquenessが必要。この場合、uniquenessとは、counterplanが現状で採られることの証明になります。(で、Affirmative planを採るからcounterplanが採れなくなるわけ)。それを証明しない限り、counterplanは認められませんよ、となります。

■Uniqueness generating counterplanについて

Disadvantageにuniquenessがないならcounterplanで作ってしまおうというのが目的です。

今日お話した例でもう一度考えてみましょう。

Aff   アジア共通通貨を導入しよう。
Disad 共通通貨を導入すると日本はデフレに陥る

N/UQ  日本はすでに戦後最悪のデフレである
C-P  インフレターゲットをしてデフレを解決しよう。

このとき、Counterplanのsuperiorityとinferiorityは以下のようになります。

Sup デフレにならない(=Disadvantageを回避する)
Inf Affirmativeが提示するadvantage全て

つまり、advantage VS disadvantageという図式に何ら変化がないことが分かると思います。違いは、counterplanのもとでは、disadvantageのuniquenessがパーフェクトに存在するということです。

このようにuniqueness generating counterplanはdisadvantageのuniquenessを作り出せるというわけです。

ただしなかなか高度な手法であるため、実際の試合で見かけたことはあまりありません。

セミナーの補足は以上とします。他に質問があったらセミナーで教えたメールアドレスまで気兼ねなくご連絡ください。

で、終了後はNAFAの飲み会についていきました。大藤君が爆走し、ほとんどセクハラのラインを渡り歩いていました。

いやあ、セミナーで100分も喋り続けるとさすがに疲れますね。
keitasakurai at 23:40|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)
プロフィール
けーた
現在都内の大学で心理学科4年。心理学よりも英語ディベートに打ち込み、全国制覇経験あり(2004NAFAT)。
来春からはインターネット広告代理店で働く予定です。あ、卒業できればの話。


絶 対 に
負 け ら れ な い 戦 い が
そ こ に は あ る
ブ ロ グ ラ ン キ ン グ
コメント
ブログリンク
Skype Me